【ドラコニスの歴史・百年戦争】

百年戦争とは、ドラコニス大陸の諸国と海を隔てたオークとゴブリンを中心とした鬼族の国【ルベルンダ】との間で竜峰歴400~500年までの百年間に及ぶ戦争。

開戦は【アーベンロット大虐殺】から……。
竜峰暦400年、宣戦布告もなく、突如としてルベルンダによる侵攻が開始。
ほどなくしてルベルンダの大軍勢は、ドラコニス大陸の北西部より上陸【ドラーテム王国】の旧王都である「アーベンロット」を包囲する。
後に【惨劇の一週間】と呼ばれる籠城戦の末に城は陥落。
アーベンロットは炎に包まれ、逃げ込んでいた多くの住民が虐殺された。
後に【アーベンロット大虐殺】と呼ばれる、この戦闘より戦争は始まった。

【長きに渡る膠着状態】
アーベンロッド大虐殺から始まった百年戦争であったが、この後は、両軍共に一進一退を繰り返す膠着状態に陥る。
戦況が大きく変化するのは、大戦末期の497年から始まった【ラクリマ砦の戦い】(ラクリマ戦役とも呼ぶ)からであり、この間には、大小さまざまな戦闘が行われたものの、大きく戦況を動かすほどには至らなかった。

戦況を変えた【 ラクリマ砦の戦い 】
膠着した戦況を打破すべく、ルベルンダの大軍勢が侵攻。
ドラーテム王国の要害【ラクリマ砦】を包囲する。
ラクリマ砦が陥落すれば、ドラーテム王国の王都ハルスベルクは丸裸同然となる。
そこにフローレン王国とドーンゲート神都国より援軍がかけつて、3国連合軍によって、ルベルンダの大軍勢を殲滅にいたらしめた歴史的な戦い。

そして【休戦】へ
ラクリマ戦役の大敗を機に、ルベルンダ内でクーデターが勃発。
穏健派が政権を奪取し、休戦協定が結ばれることとなった。


©2019 Goatpack.

投稿者: goatpack

シェアワールド「テラドラコニス」を運営しております。 参加希望の方、ご興味がある方は、ご一報ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。