ドーンゲート神都国

太陽神イリョスに奉じた神の国。
秘密多きアウローラ帝国の直轄領。

ドラコニス大陸の東部。
カウダ地方の北部にあるウンブラ半島がアウローラ帝国に割譲され、直轄地としてイリョス神を信仰する太陽寺院として建設されたドーンゲート寺院を中心とした神都国家。
アウローラ帝国の国教である太陽神イリョスを祀る寺院であると同時に帝国直轄地であるため、教皇の意思が国家運営に大きく関わっている。
テラドラコニスの多くの民が五代神を信仰しているのに対し、この国だけは一神教の太陽神イリョスを信仰の対象としり太陽寺院の信者であり、建前として五大神はイリョスを守護する天使と位置付けられているものの、異教徒であることは変わりなく、基本的に積極的なかかわりを避けている。
これまで、ドラコニス教区のドーンゲート寺院の司教は、アウローラ帝国より派遣されるのが慣習となっていたが、現在は、百年戦争で武勲を上げたドラコニス出身のランドグリーズが、巫女王となっている。


©2019 Goatpack.